エクセル ショートカット

シートの移動も簡単!エクセルで表の上下左右に瞬時に移動できるショートカットキー

悩む男

エクセルで大きな表を作っている時、一瞬で表の先頭や一番最後のデータに移動できないかな?

デートを入力中にマウスに持ち替えての作業は結構不便だな。

キーボードだけで操作することはできないのかな?

シートの移動を簡単に

今回の記事ではこんな疑問を解決できるものになっています。

住所録や会社の在庫表などの作成中は、データが膨大になりセルの移動も面倒です。何度もマウスに持ち替えていては大変効率が悪いですね。

こんな時、一瞬で先頭や最後のデータに移動できたら非常に効率的です。エクセルではショートカットキーの機能で簡単に移動できます。

この記事で紹介するショートカットキー「表の上下左右に移動できる方法」通りに行えば誰でも一瞬で表の中やワークシートの中を移動できます。

と言うのも、実際の手順をエクセルの画像と共にわかりやすく解説しているからです。

この記事では、簡単なショートカットの説明と移動に関する具体的な例を画像と共に解説します。

記事を読み終えれば、表を移動するショートカットキーはマスターでき、実際の業務に役立ちます。

ショートカットとは何?

最初にショートカットの説明です。今回の記事で使用するショートカットとは、「キーボードショートカット、又はショートカットキー」のことです。

アプリやファイルを呼び出す「ショートカットアイコン」とは別物です。

ショートカットキー

特定の動作をマウスを使わずにキーボードキーの組み合わせでコンピューターに指示を出すこと

具体例:「Ctrl」と「P」印刷する

別名:キーボードショートカット

ショートカットアイコン

日常でよく使うファイルやアプリケーションのアイコンを作成し、すぐに使えるようにデスクトップに配置すること。

具体例:エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成すること。

セルの移動方法についてー基本編

初めにセルの移動方法の基本を再確認します。マウスでクリックすると、セルが緑の枠で強調表示されます。これが「アクティブセル」です。操作の対象になっているセルのことです。

データを入力すると、セル内にカーソルが表示されます。入力を確定するには「 Enter」キーを押してアクティブセルを移動します。初期設定では、すぐ下の行のセルに移動します。確定する前に「Esc」キーを押すと入力がキャンセルされます。

右の列に移動するには「Tab」キーを押します。逆方向に戻りたい時は、「Shift」キーを押しながら「Enter」か「Tab」キーを押します。上下左右はもちろんそれぞれの矢印キー(カーソルキー)です。

離れたセルを選択するにはマウスやショートカットキーを使います。

「Enter」で確定後は下のセルに移動してしまいます。資料の作成などでは右に移動してくれた方が効率的なことが多いですね。そんな時はこちらのショートカットキーが役に立ちます。

セルを移動する

  • 「Tab」:右へ移動
  • 「Enter」:次の行へ移動
  • 「Shift」+「Tab」:左へ移動
  • 「矢印キー」:上下左右へ移動
  • 「マウスorショートカットキー」:離れたセルへ移動

ショートカットキーと言うよりも、キーボードの基本操作と思っていただいた方がいいです。特に「Tab」を使いこなせるとエクセルの入力はずいぶん早くなります。

「Enter」を押してから移動するセルの方向を変更することもできます。<ファイル>タブをクリックして、「オプション」を選択します。表示された「Excelのオプション」で「詳細設定」を選択、「Enterキーを押したら、セルを移動する」にチェックを入れて方向を選びます。「下・右・上・左」と選べます。最後に「OK」を押します。

エクセルのオプション画面

具体例①

データ入力後「Tab」で右に移動します。再度データ入力後「Tab」で右に移動します。

表の右端まで入力後「Enter」を押すと最初に「Tab」を押したセルの下に、つまり次行の先頭セルに移動します。

tabの操作

上記の画像ですと、名前、住所、郵便番号、電話番号は「Tab」で右移動、「Enter」で2行目に移動です。また、打ち間違えなどがあった時に前のセルに戻るには「Shift」+「Tab」です。

下の画像は「住所」を入力するのを忘れたため、前のセルに戻ったところです。

shifttabの操作

基本的なことですが、入力作業を効率化するためには欠かせない方法です。この方法さえ覚えれば入力作業は一段と早くなります。

具体例②:次の列の先頭へ簡単に移動する方法

ショートカットキーではないですが、セルの移動の基本になりますので覚えておきましょう。

方法としては、入力範囲を選択してから「Enter」キーを押す、ただこれだけです。データを入力する前にこれから入力するセル範囲を選択します。マウスでドラッグして選択します。

マウスで選択

この状態のまま(範囲を選択したまま)入力します。「Enter」で確定後は下に移動します。

このまま入力する

続けて入力して一番下のセルを入力後「Enter」で確定すると、自動的に次の列の先頭行にアクティブセルが移動します。

アクティブセルが移動

このまま最後まで入力できます。選択していないセルには移動しないため、他のセルに間違って入力することはありません。

おまけ:セルの確定だけをする方法

「Enter」キーを押すとアクティブセルが下のセルに移動してしまいますよね。入力値を確定するだけであれば「Ctrl」+「Enter」キーです。

セルの確定だけ

入力値の確定:「Ctrl」+「Enter」キー

入力値を確定してもアクティブセルは同じ位置に止まります。このまま書式を設定したりできます。

おまけ2:シートの移動のショートカット

複数のシートが有る時にシート間を移動するショートカットはこちらです。

シートの移動

次のシートに切り替える:「Ctrl」+「PageDown」キー

前のシートに切り替える:「Ctrl」+「PageUp」キー

押した回数分だけのシート数の移動します。

表の上下左右に瞬時に移動するショートカットキー

ここから実際のショートカットキーの説明になります。今回は、3つ紹介します。

表の中を移動するSC

  1. 表の左上に一瞬で移動する方法:「Ctrl」+「Home」
  2. 右下に一瞬で移動する方法:「Ctrl」+「End」
  3. 表の上下左右の端へ瞬時に移動する方法
    • 「Ctrl」キー + 「矢印」キー
    • セルの4辺をダブルクリック

表の左上に一瞬で移動する方法。「Ctrl」+「Home」

A1セルへの移動は、「Ctrl」+「Home」です。

一番最初に覚えたいショートカットキーです。一瞬でA1セルに戻ることができますので大量のデータを入力中でもマウスを使わず確認作業ができます。

セルの表の中の移動

右下に一瞬で移動する方法。「Ctrl」+「End」

右下に一瞬で移動

セルの右下への移動は、「Ctrl」+「End」キーです。ただここで気を付けて欲しいのは、エクセルでは入力済みのデータの右端列で最下位にあるセルを「最後のセル」と判断されます。

一度入力して消したデータも有効です。上記の画像ではF列の12行目が選択されています。セルには何も入力されていませんが既に消去したためです。

表の上下左右の端へ瞬時に移動する方法。

「表の中」の限定ですが、上下左右に簡単に移動する方法です。2つの方法があります。

「Ctrl」キー + 矢印キー

キーボードで入力中でしたらこちらがオススメ。

表の中の移動方法

セルの4辺をダブルクリック

こちらはショートカットキーではないですが、便利なため載せておきます。マウスを使用中でしたらこちらがおすすめです。

ダブルクリックしたセルの辺の方向へ移動できます。注意するのはマウスのポインターが「+」十字のマークの時にダブルクリックです。(Macですと「手」のマークになります。)

ダブルクリック
移動できた

注意点

上記2点の「表の上下左右の端へ瞬時に移動する方法。」ですが、途中に空欄のセルがあるとあるとその手前までしか移動しませんので注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上が表の中でセルを簡単に移動する方法です。簡単なことですが、知ってるか知らないかだけで大きな差が出ます。復習しましょう。

表の中を移動するSC

  1. 表の左上に一瞬で移動する方法:「Ctrl」+「Home」
  2. 右下に一瞬で移動する方法:「Ctrl」+「End」
  3. 表の上下左右の端へ瞬時に移動する方法
    • 「Ctrl」キー + 「矢印」キー
    • セルの4辺をダブルクリック

これだけ覚えるだけで、エクセルの表の中で移動する方法で悩むことはありません。エクセルの使い方の基本が身につきます。

ショートカットキーを有効に活用して、業務を効率よく進めてください。

-エクセル, ショートカット

© 2021 World from Excel Powered by AFFINGER5