エクセル ショートカット

ショートカットdeエクセル! 行選択など選択に関する厳選ショートカット

悩む男

エクセルで離れたセルを一緒に選択することはできないのかな?

ワークシート全体のセルを選択する方法も知りたいな。

何か便利な方法はないのかな?

この記事ではこんなエクセルの悩みを解決します。

エクセルで資料を作成している時、離れたセルの背景の色を同時に変更したいと思ったことはありませんか。普通にセルを選択すると前に選択したセルは解除されます。

こんな時に今回紹介する記事のショートカットキー「選択に関する厳選ショートカット」通りに行えば誰でも簡単に解決できます。

なぜなら、実際の方法をエクセルの画像と共にわかりやすく解説しているからです。

この記事では、ショートカットについて簡単に解説し、その後、選択に関するショートカットキーを画像と共に紹介します。

記事を読み終えれば、エクセルの選択に関するショートカットキーが取得でき、エクセルの基本が身につきます。

ショートカットキーはエクセルを使う上で大変便利な機能です。時間をかけずに資料を作成するためにも身につけましょう。

エクセルでショートカットとは?

最初に、エクセルにおいて「ショートカット」とは何か理解しましょう。ショートカットは2つに分かれます。

ショートカットキー

特定の動作をマウスを使わずにキーボードキーの組み合わせでコンピューターに指示を出すこと

具体例:「Ctrl」と「P」印刷する

別名:キーボードショートカット

これとは別のショートカットアイコンとはなんでしょう?

ショートカットアイコン

日常でよく使うファイルやアプリケーションのアイコンを作成し、すぐに使えるようにデスクトップに配置すること。

具体例:エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成すること。

この記事は「ショートカットキー・キーボードショートカット」についての内容になります。

離れたセルを複数選択するショートカットキー

それでは「離れたセルを複数選択する」ショートカットキーになります。

離れたセルを選択する

「Ctrl」キー+他のセルを選択

「Ctrl」キーはショートカットキーでよく使うキーになります。キーボードの左側に位置していますので、小指で押すことになります。キーボード操作が苦手な方はタイピングも練習しておいた方が良いです。

具体例:画像と共に解説

ショートカットキーがわかったところで、実際の工程を背景の色を変更する例で解説します。

1.1つ目のセルを選択します。(画像では「B5」)

B5セル

2.「Ctrl」キーを押しながら他のセルをマウスで選択する。(画像では「C6」)

c6セル

これで2箇所のセルが選択できました。初めに選択したセルがグレーで表示され、「Ctrl」キーを押しながら選択した「C6」セルが細いグリーンの枠で表示されます。

<ホーム>タブの「塗りつぶしの色」から黄色を選ぶと、2箇所とも黄色に変更することができます。

黄色に変更

もっとたくさんのセルを選択するのも同じことです。「Ctrl」キーを押しながら選択したいセルをクリックするだけです。

複数のセルを選択

今回は背景の色を変更しただけですが、文字の色を変えたい、フォントのサイズを変更したいなど、一度の書式を変えられます。

表の中で特定のセルを色分けしたい、同じデータを入力したいなどのときに役立ちます。

行選択・列選択を簡単にするショートカットキー

次に行と列を選択するショートカットキーになります。こちらを覚えれば、削除したい行や列を簡単に選択できます。行や列ごとに移動したい場合などにも重宝します。

エクセルの行と列とは?

まずは行と列の基礎知識です。エクセルでは各セルを呼ぶ時に「A1セル」、「H6セル」など行の番号と列のアルファベットを用います。エクセルの勉強を始めるには大切な知識になります。

「行」とは?

横に並んでいるのが行です。上から1行目、2行目、3行目...となります。

行

列とは?

縦に並んでいるのが列です。1列目、2列目、3列目...となります。

列

行列の覚え方

行列の覚え方

たまにどちらが行列か分からなくなる時もあります。

漢字の赤色で示した箇所の向きでわかります。「行」は横に、「列」は縦にですね。

2本の線が走っているので、直感的に覚えることができますし思い出すのも簡単です。

ショートカットキー:行列を選択する方法

行列の基礎知識がわかったところで、行列を選択するショートカットキーを紹介します。今回は3つのキーを同時に押すことなります。慣れるまで少し大変です。

「Ctrl」+「Shift」+「↓」キー:列単位で選択

列単位で選択するのは、列の先頭のセルを選択した後「Ctrl」+「Shift」+「↓」キーです。

列の選択

上の画像ではC1セルを選択後に、「Ctrl」+「Shift」+「↓」キーで表の中のB列が簡単に選択できました。画像では10列までしか表示していませんが、もっと列数が多い時はマウスを使って選択するのは目も手も疲れてしまいます。画面をスクロールしながらの選択は随分と手間です。ショートカットキーなら一瞬で済みます。また、「Ctrl」+「Shift」+「↑」キーを押せば下から上に選択が可能です。

「Ctrl」+「Shift」+「→」キー:行単位で選択

行単位での選択は、行の先頭を選択した後に、「Ctrl」+「Shift」+「→」キーです。

行の選択

上記の画像ではA3セルを選択後に、「Ctrl」+「Shift」+「→」キーで表の中の3行目が簡単に選択できます。

こちらも「Ctrl」+「Shift」+「←」キーを押すと右から左への選択ができます。

注意点

列と行の両方に共通する注意点ですが、空欄があるとその手前までしか選択できません。この場合はもう一度「矢印キー」を押せば1行1列全て選択できます。これ結構大事ですので是非覚えてください。

空欄がある

ワークシート全体のセルを選択する方法

ワークシート全体の書式設定を行う場合などにマウスで範囲を選択していませんか?そんなことをしなくても簡単にワークシート全体を選択することはできます。

こちらはショートカットキーだけでなくマウスを使う方法も紹介します。下記の画像を使って解説します。

最初の画面

マウスを使用する方法

ワークシートの一番左上を選択する。

ワークシート左上の三角のマークをマウスでクリックします。

最初の画面2

画像の赤枠の部分です。

全て選択できた

これだけです。ワークシート全てのセルが選択できました。

ショートカットキーを使用する方法

次にショートカットキーですが、こちらは注意が必要です。

「Ctrl」+「A」キー

「Ctrl」+「A」キーで選択できますが、表の中で押すと表全体(表だけ)を選択します。

表だけを選択

ワークシート全体のセルを選択するにはもう一度「Ctrl」+「A」キーを押してください。

ずべてのセルが選択できた

これでワークシート全てのセルが選択できました。

表全体を一瞬で選択するショートカットキー

皆さんはエクセルで表全体の書式設定を行う場合、どのような方法でしていますか?多くの人がマウス操作で範囲を指定していると思います。しかし、数百にも及ぶ大きな表ですと選択するだけでも大変ですよね。そんな時にはこちらのショートカットキーが役に立ちます。

表全体を選択する

ショートカットキー:「Ctrl」+「Shift」+「 : 」(コロン)

それでは具体例で説明します。今回は下記の画像を使用します。

最初の画面

1.表内のセルを選択

セルを選択

表内のセルをどこでもいいので選択します。表以外の場所ではダメです。

2.ショートカットキー:「Ctrl」+「Shift」+「 : 」キーを押す。

全部選択できた

これで表全体が一瞬で選択できます。ただ1つ注意点があります。表に隣接しているセルが全て空白出ないといけません。どこかに表とは関係ないデータが含まれているとそれも表の一部とみなされ、一緒に選択されます。

このように表だけを一瞬で選択することができれば、書式設定や表のコピー、グラフの作成などをすぐに行うことができます。

行選択など選択に関するショートカットのまとめ

まとめになります。以上が「選択に関する厳選ショートカットキー」でした。

復習しましょう。今回紹介したショートカットキーは、

ポイント

  • 離れたセルを複数選択する
  • 行と列を簡単に選択する
  • ワークシート全体のセルを選択する
  • 表全体のセルを選択する

この厳選4つのショートカットキーを覚えればもう、エクセルで選択に関するショートカットキーで悩むことはありません。

エクセルの使い方の基本が身につきます。業務に役立てて、効率化しましょう。

-エクセル, ショートカット

© 2021 World from Excel Powered by AFFINGER5