エクセル 使い方

エクセルの使い方!基本編 データを勝手に編集されないようにする方法

悩む男

エクセルを共有の資料とする時、勝手に編集されないようにすることはできないのかな?

エクセルを複数人で編集する時に、変更されては困るセルがあるという事はよくあると思います。他の人が編集できないようにしたいと思うこともあるでしょう。

今回はこんな疑問に答えます。

この記事で紹介する「データを勝手に編集されないようにする方法」通りに行えば誰でも簡単にデータをロックできます。

なぜなら、実際の方法をエクセルの画像と共にわかりやすく解説しているからです。

この記事を読み終えれば、エクセルでデータをロックする方法は理解でき、エクセルの使い方の基本が身につきます。

今回はこういうデータを勝手に編集できないようにする方法、(エクセルでは保護機能)をご紹介します。

データを勝手に編集できないようにする方法。

まず最初に理解していただきたいのは、エクセルでは初めから全てのセルがロックされた状態です。まだこの時点では全ての人が編集できます。ロックはされていますが、保護はされていません。

「シートの保護」を有効にすることによって編集できなくなります。

ロックの説明

それでは、他の人に編集可能なセルを設定するにはどうしたらいいのでしょう?

逆から考えないといけません。

ロックの説明逆から

この過程でしたら編集可能なセルを設定できます。

シート全体を保護する方法。

まずは、シート全体を保護する方法から説明します。

<校閲>タブの「保護」グループから「シートの保護」を選択。

校閲タブから

「パスワード」を入力。「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェックを入れます。「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」で全てのチェックを外します。「OK」をクリック。

シートの保護

先ほど入力したパスワードを再度入力。「OK」を押して完了です。

パスワード

これで全てのセルが保護されました。他の人が編集するにはパスワードが必要になります。ダブルクリックして編集しようとすると下記のエラーメッセージが表示されます。

注意のメッセージ

一部のセルのみを保護する方法。(一部編集可能にする)

下記の表で説明します。合計の列には計算式を入力してありますので、他の人に編集されたくありません。

ロックする画面

ロックしないセルを選択。今回はE列以外を選択。

<ホーム>タブの「セル」グループの「書式」を選択。

表示されたリストから「セルのロック」をクリックしてロックを外します。

セルのロック

これでE列以外はロックされていません。シートを保護しても編集可能です。

「シート全体を保護」画面から「ロックされていないセル範囲の選択」にチェックを入れて、編集を許可します。

シートの保護セル範囲の選択

これで完了です。合計の欄は編集できませんが、他のセルは編集可能です。

他の人がパソコンの欄に0を入力すると計算式のあるE列も自動で変更されます。

0を入力

まとめ

いかがでしたでしょうか。発想の転換が大事です。

エクセルでは初めから全てのセルがロックされた状態です。

シートの保護を有効にすることで他の人が編集できなくなります。

編集させたい時は、ロックを解除してから保護しましょう。

-エクセル, 使い方

© 2021 World from Excel Powered by AFFINGER5