エクセル 使い方

エクセルマスターへの第一歩! 複数のワークシートの順序を入れ替え・表示する方法

悩む男

エクセルでワークシートの操作はどうやってするんだろう?

シートの順番を入れ替えたりできるのかな?

たくさんのシートから目的のものを簡単にみつけて表示することはできないのかな?

今回の記事ではこういった疑問を解消できる記事になっています。

エクセルを使ってるとワークシートがどんどん増えていきますよね。見出しに名前を付けておいても同じような名前があると探すのも時間がかかります。

効率よく作業するには操作方法を覚えておいた方が間違いありません。

この記事で紹介する「ワークシートの順番を入れ替え・発見する簡単な方法」通りに行えば誰でも簡単に解決できます。

その理由は、実際の方法をエクセルの画像とともにわかりやすく解説しているからです。

この記事では、ワークシートについて簡単に解説、その後に順番を入れ替え・発見するやり方を紹介します。

記事を読み終えれば、エクセルで順番を入れ替え・発見するやり方はマスターでき、エクセルの基本が身につきます。

ワークシートとは何?

最初に基本となるワークシートについて理解しましょう。

ワークシートとは

データの入力や編集を行うための升目状の作業スペースのこと。

格子状に分割されたセルによって構成される。縦並びの列と横並びの行で構成された縦横の広がりがワークシートを構成している。

たくさんのワークシートを束ねたものをブックと呼ぶ。

初期設定ではワークシートの数は、Excel2013年以降のものは1枚、以前は3枚となっています。

これは設定で変更できます。

リボンの<ファイル>タブをクリックして「ホーム」を表示させます、一番下の「オプション」をクリックすると「Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されます。

ホーム画面
オプション

「全般」の「新しいブックの作成時」の「ブックシートの数」から好きな数字を選択します。最後に「OK」を押せば設定できます。

最大で255シートまで増やせます。

新しいブックの作成時

目的のシートを開く(表示する)方法

大量のページがある場合、離れた位置のシート見出しをクリックするのは面倒です。また、見出しが隠れてしまい目的のものを見つけられない時もあります。

こんな時にはこちらの方法が役に立ちます。

開き方の基本

最初に基本的な操作方法を解説します。説明用に30シートあるブックを用意しました。ここから「Sheet20」を確認したいと思います。

30のシート

今の状態では、画面上に「Sheet25」の見出しまでしか表示されていません。見出しの左側にある「◀️」と「▶️」をクリックして目的のものを探します。

この例では、ずっと左の方に見つけたいものがありそうなので、左向きの「◀️」をクリックします。何度かクリックすると、「Sheet20」の見出しが見えるようになるので、そこをクリックすれば内容が表示されます。

この基本法ではやっぱり一つ一つ移動していきますので時間がかかります。名前を付けたシート見出しによっては区別がつきにくいものもあります。気づかずに通り越してしまう可能性もあります。

こんな大変な作業を何度もしていてはエクセルマスターへは近づけません。できるだけ効率良く作業を進めるためにもこれから紹介するやり方がためになります。余分な作業を時短で終わらせる工夫が大切です。

一覧から選んで開く

先ほど解説した基本の矢印をクリックして見出し間を移動する方法でももちろん目的のシートを見つけることはできますが、他の人からもらったブックを初めて開いた時など、目的のものが何処にあるかわからない時には、大変時間がかかってしまいます。そこで、今回の記事の本題の開き方になります。

シート見出しの左側の三角のボタンを右クリックすることで、一覧が表示できます。

赤枠の三角
シートの選択

表示された「シートの選択」から目的のものを選択できます。気をつけていただきたいのは、名前を付けるときに見分けがつきやすいようにすることです。同じような名前、例えば『売り上げ1』、『売り上げ2』などでは見つけにくいため、もう少し詳細に名前を付ける工夫が大事です。『関東売り上げ6月』や『全国の4月の売り上げのまとめ』など多少文字数が多くなっても素早く見つけれるようにしましょう。

隠れているシート見出しをスクロールして端っこまで表示する方法

この方法は目的シートを見つけるものではありませんが、知っておくと大変便利なため紹介します。

コントロールキーを押しながら左右の三角ボタンをクリックする。

コントロールキーと「◀️」ボタンなら、一番左のシート見出しまで表示されます。

コントロールキーと「▶️」ボタンなら、一番右のシート見出しまで表示されます。

この方法でしたら、一番最初(一番右)のシート見出しを表示するのに便利です。ただあくまで一番右端、左端まで一気に飛んでしまうため、使い所を間違えると余計混乱することになります。参考程度に覚えておいてください。

順番を入れ替えて表示する方法

一度名前を付けたシートの見出しの位置を変更して確認しやすくするにはこちらの方法が便利です。

順番を入れ替える方法になります。方法は4つあります。

ポイント

  1. 『書式』の『シートの移動またはコピー』から
  2. ワークシート見出しの上で右クリックして『シートの移動またはコピー』から
  3. マウスのドラッグ操作から
  4. アクセスキー『Alt→E→M』で『シートの移動またはコピー』を呼び出す方法から

今回はこちらの画像を使用して解説します。

説明用画面

九州のページを関東と東海の間に移動します。

1.『書式』の『シートの移動またはコピー』から

リボン上部の<ホーム>タブ、『セル』パートの『書式』をクリックします。

ホームタブ書式

リストから「シートの移動またはコピー」を選択します。

リストが表示された

表示された「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスで「挿入先」に関東を選択します。

ダイアログボックス

挿入先で選択した1つ手前(左側)に挿入されます。忘れずに「OK」を押して完了です。

完了

これで九州が東海と関東の間に移動しました。

基本の方法ではありますが、「セル」グループの「書式」を選択しなければならず、見出しから少し遠いためあまりお勧めできる方法ではありません。

2.見出しの上で右クリックして「シートの移動またはコピー」から

2つ目の方法は、最初にワークシートの見出しで右クリックします。リストが表示されますので「移動またはコピー」をクリックします。

見出しで右クリック

先ほどと同じように「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスが表示されます。

シートの移動またはコピー

ここからはさっきと同じですので省略します。こちらの方法ですと見出しを確認しながら移動できるため使いやすいです。

3.マウスのドラッグ操作から

これが一番簡単で効率が良い方法です。ページの見出しの上でマウスでクリックしてドラッグします。

ドラッグ

ブック内における各ページを表す見出しは、表示位置を自由に入れ替えることができます。ドラッグすると逆三角のマーク「▼」が現れますので、挿入したい位置までドラッグします。これだけです。簡単!!!

ちなみにこの時、「Ctrl」キーを押したままドラッグすると、コピーになります。これも非常に便利です。ただ、見出しの数が多くて全て表示できていないときには不便です。

4.アクセスキー『Alt』→『E』→『M』で『シートの移動またはコピー』を呼び出す方法から

できるだけマウスは使いたくないという人には、こちらの方法が最適です。キーボード操作で、「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスを呼び出せます。

アクセスキー

アクセスキーとは、画面に表示されているメニューやボタンを選択と実行する際に、キーボードで操作するキーのことをいいます。

アクセスキー:『Alt』→『E』→『M』です。同時ではなく、順番に押します。

初めに『Alt』キーを押すとリボンにアルファベットと数字が現れたら、『E』ボタン,『M』ボタンと順番に押します。

アクセスキー
アクセスキー

これで「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスが表示されます。

シートの移動
シートの移動

「挿入先」をキーボードの矢印キー「↓」で選んで、エンターを押せば「OK」をマウスでクリックしたのと同じになります。完了です。

こちらは上級者向けですね、キーボード操作に慣れてから使用したほうがいいです。

たくさんのワークシートを移動する方法。

次は2つ,3つと一度に複数のワークシートを移動するときです。複数のワークシートを選択する方法ですが、「Shift」または「Ctrl」キーを押しながら、シート見出しをクリックです。

「Shift」キーの場合、間に他の見出しがある場合それも選択されます。

シフトキーと共に

「Ctrl」キーの場合は、クリックした見出しのみが選択できます。飛び飛びでも選択できます。

コントロールキーと共に

そして、アクティブ(白色)になったシート見出しをドラックです。今回は、九州と四国を関東の右側に移動させます。

九州がアクティブな時に、「Ctrl」キーを押して四国をクリックします。そのままドラッグして関東の右側に移動させます。

九州と四国

これで完了です。

九州と四国を移動

エクセルで複数のワークシートの順序を入れ替え・表示する方法のまとめ

以上が今回の記事になります。まとめになります。

複数のページから目的のシートを開くには、一覧表示が便利。

順番を入れ替える方法は4つでした、最も使い勝手が良いのはマウスでドラッグですね。

やり方はみなさんが使いやすい方法を選んで使用すれば問題ありません。

これでもうエクセルのワークシートの順番を入れ替え・発見する方法で悩むことはありません。

業務に活用して効率化してください。

-エクセル, 使い方

© 2023 World from Excel Powered by AFFINGER5