エクセル 使い方

太さ、色、消しゴム、斜め、エクセルで 罫線の引き方がこの記事だけでわかる

悩む男

エクセルで表を作っているんだけど、罫線の引き方がわからないよ。

色や太さをへんこうしたいな。

斜めにはひけるのかな?

どうしたらキレイに罫線を引けるのかな?

今回はこんな疑問に答えます。

エクセルで見栄えのいい表を作るのには罫線は必要不可欠です。効果的な罫線を引くことで、相手に伝えるイメージもずいぶん違ってきます。

そこで今回は罫線の引き方について解説します。

この記事で紹介する「エクセルで罫線を引く方法」通りに行えば誰でも簡単に罫線が引けます。

なぜなら、実際の方法をエクセルの画像と共にわかりやすく解説しているからです。

記事を読み終えれば、エクセルで罫線を引く方法は習得でき、エクセルの使い方の基本が身につきます。

それでは順番に解説します。

エクセルでの罫線の引き方。

方法はいくつかあります。

罫線を引く

  1. <ホーム>タブの「フォント」グループから罫線を引く
  2. 「セルの書式設定」から罫線を引く

1.<ホーム>タブの「フォント」グループから罫線の引き方

ホームタブから罫線を引く方法が1番の基礎になります。

今回はこの表を使って罫線を引いていきます。

罫線を引く表

まずは、罫線を引くセルを選択して、<ホーム>タブのフォントグループの「罫線」のマークをクリックします。

ホームタブから罫線

リストで、上下左右や外枠など13種類の罫線が表示されます。今回は「格子」を選択します。

これで、格子状の罫線が引かれました。「罫線なし」を選べば、罫線が削除されます。

罫線が引けた

太さを変更して罫線を引く方法。罫線の作成

次に線のスタイルを変更して、太線で罫線を引きます。スタイルとは先の太さや種類のことです。

先ほどと同じように罫線を引くセルを選択して、<ホーム>タブのフォントグループの「罫線」のマークをクリックします。

表示されたリストの下の方の「罫線の作成」グループの「線のスタイル」をクリックすると様々な罫線のリストが表示されます。

線のスタイル

太い線を選んでから再度「格子」をクリックすれば完了です。太い罫線が引かれました。

太線が引けた

ここで一つ注意が必要です。「罫線の作成」欄からいずれかのコマンドをクリックすると、マウスポインターの形が鉛筆に変わり、セルにデータを入力することができません。罫線の作成を終了するか、「esc」キーを押さないとデータを入力できる状態には戻りません。

罫線の色を変える方法

初期設定では罫線は黒色ですが、色を変更することもできます。

先ほどと同じように罫線を引くセルを選択して、<ホーム>タブのフォントグループの「罫線」のマークをクリックします。

表示されたリストの下の方の「罫線の作成」グループの「線の色」をクリックすると様々な罫線の色が表示されます。

罫線の色を変える

ここから好きな色をクリックすれば、罫線の色を変更できます。

2.「セルの書式設定」からの罫線の引き方

次に、もう少し簡単かつ詳細な線の引き方になります。

まずは、罫線を引くセルを選択して、「セルの書式設定」ダイアログボックスを開きます。

セルの書式設定の開き方はこちらを参考にしてください。


セルの書式設定の開き方

  1. <ホーム>タブの「フォント」、「配置」、「数値」グループ右下の起動ツールをクリックする
  2. マウスの右クリック「セルの書式設定」から
  3. ショートカットキー:「Ctrl」+「 1 」キーから

1,<ホーム>タブの「フォント」、「配置」、「数値」グループ右下の起動ツールをクリックする

起動ツール

2,マウスの右クリック「セルの書式設定」から

右クリック

3,ショートカットキー:「Ctrl」+「 1 」キーから

ショートカットキー

表示された「セルの書式設定」ダイアログボックスから「罫線」タブを選択します。

セルの書式設定

ここからでしたら、「線のスタイル」、「線の色」も同時に変更できます。

「輪郭」からはセルのどの位置に線を引くかをプレビューの枠内を見ながら視覚的に決められます。罫線を引きたいところをクリックするだけです。

削除したいときは、再度クリックします。斜めに引きたいときは「斜線」から可能です。

「プリセット」からはすでに「なし」、「外枠」、「内側」のよく使用する3点が用意されています。

罫線の作成(表示)方法

今度は実際にセルの上で罫線を作成表示する方法です。

今まで解説した方法ですと、実際にセルが見えないために初めにどこに罫線を引くか決めてからの作業になりましたが、今回の方法でしたら、実際にセルの上で罫線が引けます。

つまり自分の好きなように罫線を引けると言うわけです。

罫線の作成は3つのパートに別れます。

  1. 罫線の作成
  2. 罫線グリッドの作成
  3. 罫線の削除

罫線の作成(表示)

まずは、<ホーム>タブの「罫線」をクリックして、「罫線の作成」グループ」の「罫線の作成」を選択します。 

罫線の作成

マウスポインターが鉛筆の形に変化します。これでしたら実際にセルを見ながら絵を描く要領でセルに罫線を引けます。クリックですと1本引きます。ドラッグでしたら枠線を弾けます。少しコツを掴む必要がありますが斜線も引けます。

マウスポインターを元の形に戻すのは、「esc」キーを押すか、セルをダブルクリックです。

罫線の作成から

罫線グリッドの作成から

こちらからは、ドラッグ操作で格子状の罫線を簡単にひけます。セルを見ながら引けるので、表を作成するのに重宝します。先ほどとは違い、マウスポインターが鉛筆と格子マークに変わります。解除の仕方は先ほどと同じです。

罫線グリッド

罫線が消える(消しゴム)

こちらは罫線を消す機能です。マウスポインターが消しゴムの形に変わりますので、消したい線の上でクリックします。ドラッグすれば一度に複数のセルの罫線を削除できます。

罫線の削除

太さ、色、消しゴム、斜め、エクセルで 罫線の引き方がこの記事だけでわかるのまとめ

いかがでしたでしょうか?以上がエクセルでの罫線の引き方でした。

罫線を引き方は2つ。

罫線を引く

  1. <ホーム>タブの「フォント」グループから罫線を引く
  2. 「セルの書式設定」から罫線を引く

自由に罫線を引きたければ、「罫線の作成」から。

これだけ覚えればもう、エクセルで罫線を引く方法で悩むことはありません。

エクセルの使い方の基本が身につきます。

罫線の引き方を覚えて見栄えのいい表作りに励みましょう。

-エクセル, 使い方

© 2021 World from Excel Powered by AFFINGER5