エクセル 使い方

できないなんて言わせない、ショートカットも解除も一括も エクセルでセルを結合する

悩む男

エクセルで表を作成中に、2〜3つのセルを1つにしたいことがあるけど、どうやったらいいのかな?

今回はこんな疑問に答えます。

エクセルで表などを作成中に複数のセルを結合して1つにした方が、見栄えが良くなる事はよくあります。

この記事で紹介する「セルを結合する方法」通りに行えば誰でも簡単に解決できます。

なぜなら、実際の方法をエクセルの画像と共にわかりやすく解説しているからです。

この記事では、セルの結合方法を紹介し絵、その後にいくつかの注意点を解説します。

記事を読み終えれば、エクセルでセルを結合する方法は習得でき、エクセルの使い方の基本が身につきます。

それでは順番に解説していきます。

複数のセルを一括結合して1つにする方法。

セルの結合方法ですが、何種類ものやり方があります。

セルの結合

  1. <ホーム>タブの配置グループから
    1. セルを結合して中央揃え
    2. 横方向に結合
    3. セルの結合
    4. セル結合の解除
  2. 右クリックから「セルを結合して中央揃え」
  3. アクセスキーから操作する

<ホーム>タブの配置グループから

まずは、結合したいセルをマウスで選択します。今回はD2からF2にします。

次に<ホーム>タブの「セルを結合して中央揃え」ボタンを押します。

セルの結合

これだけです。

結合できた

ただ、今解説した方法ですと文字はセルの中で「中央揃え」になります。

これが嫌だと思う方は多いと思います。そこで、「セルを結合して中央揃え」の右にあるマークを押すと表示されるリストについて解説します。

リストから

上記のように、

  • セルを結合して中央揃え
  • 横方向に結合
  • セルの結合
  • セルの結合の解除

と4つにから選べます。

「セルを結合して中央揃え」

「セルを結合して中央揃え」は先ほど説明した通りです。

「横方向に結合」

「横方向に結合」ですが、こちらは複数の行・列があっても行のみが結合されます。

横に結合

「セルの結合」

「セルの結合」は結合しても中央揃えになりません。

セルの結合

「セル結合の解除」

「セルの解除」は結合したセルを元の状態に戻します。

右クリックから

赤い枠で囲ったマークをクリックするだけです。ただ「セルを結合して中央揃え」しかできません。

右クリックから

アクセスキーから操作する(ショートカットではない)

セルの結合にはショートカットキーは標準で割り当てられていません。しかし、アクセスキーからは可能です。キーボードの操作だけで呼び出せます。

アクセスキー

アクセスキーとは、画面に表示されているメニューやボタンを選択と実行する際に、キーボードで操作するキーのことをいいます。

結合したいセルを選択した後、「Alt」キーを押してアクセスキーを表示させます。<ホーム>タブを選択したいので「H」を押します。

アクセスきーH

「セルを結合して中央揃え」を選択したいので「M」を押します。

アクセスキーM

さらに「セルを結合して中央揃え」を選択するのに「C」を押します。

アクセスキーC

これで完了です。

「Alt」→「H」→「M」→「C」の順番でキーを押せばいいです。

アクセスキーは身につければ、ショートカットキー以上に便利な機能です。何度も復習してください。

ショートカットの代用

先述したようにセルの結合のショートカットは有りませんが、代用できるショートカットはあります。

前回の操作を繰り返すショートカットになります。

同じ操作を繰り返す

  • 「F4」キー
  • 「Ctrl」+Yキー

一度「セルの結合」をしたあと、すぐ次に他のセルを結合したい時に便利です。

セル結合の注意点

セルの結合をするにはいくつかの注意点があります。

注意点

  • 結合セルを含んだ範囲の選択
  • 空白セルを含む範囲の結合とセル内容が消える場合
  • 結合をしたセルをコピー・ペーストできない

結合セルを含んだ範囲の選択

結合しないセルと結合したセルを同時に選択すると、結合されたセルの幅、高さで選択されてしまいます。

下の画像でB列のセルだけを選択しようとしても、

結合セルの選択

こうなります。

他のセルも選択される

この場合、B列の列番号をクリックしなければいけません。

空白セルを含む範囲の結合とセル内容が消える場合

セル結合をした場合、基本的には選択範囲内の左上のセルの内容のみ保持され、選択範囲内の他のセルの内容は消えてしまいます。

勝手に消えることはなくエラーメッセージが表示されます。

セラーメッセージ

左上にデータがない場合、データの入力されているセルの内容を表示します。

消えるセルの説明

消えるセルの画像

結合をしたセルをコピー・ペーストできない

結合したセルはコピー・ペーストできない場合があります。

以下の条件が揃った時には貼り付けできません。

コピーできない結合

  • コピーする範囲に結合したセルがあるとき
  • 貼り付け先のセル範囲に結合セルがあるとき

下の画像の「B2:C2セル」を「B4セル」にコピペしてみます。

コピペできない

コピペできないのでエラーメッセージが表示されます。貼り付けるには、結合されてないセル範囲でなければいけません。

セルの結合のまとめ

いかがでしたでしょうか。以上がエクセルでセルを結合する方法でした。

それでは復習しましょう。

セルの結合

  1. <ホーム>タブの配置グループから
    1. セルを結合して中央揃え
    2. 横方向に結合
    3. セルの結合
    4. セル結合の解除
  2. 右クリックから「セルを結合して中央揃え」
  3. アクセスキーから操作する

注意点も重要ですので再確認してください。

注意点

  • 結合セルを含んだ範囲の選択
  • 空白セルを含む範囲の結合とセル内容が消える場合
  • 結合をしたセルをコピー・ペーストできない

これだけ覚えればもう、エクセルのセルを結合する方法で悩むことはありません。エクセルの使い方の基本が身に付きます。

セルの結合方法を身に付けることはエクセルで作業をするのにとても大切な機能です。自身だけではなく、誰か他の人が見てもわかりやすい 表を作成できるようになりましょう。

-エクセル, 使い方

© 2021 World from Excel Powered by AFFINGER5