エクセル 使い方

エクセルでシートをコピーできない時に読む記事 、 名前の重複やショートカットも解決

悩む男

エクセルで作業中に新しいシートを簡単に追加するいい方法はないのかな?

移動やコピーの方法も知りたいな。

シートをコピーできないときはどうすればいいのかな?

名前の重複を避けるのにはどうしたらいいのかな?

今回はこんな疑問に答えます。

エクセルでは初期設定ではワークシートの数は1つか3つですが、データが増えるについてワークシートの数も増やしたいですよね。

この記事で紹介する『新しいワークシートを追加・移動・コピーする方法」通りに行えば誰でも簡単に解決できます。

なぜなら、実際の方法をエクセルの画像と共にわかりやすく解説しているからです。

この記事では、エクセルのワークシートについて簡単に解説し、その後に新しいワークシートを追加・移動・コピーする方法を画像と共に解説します。

記事を読み終えれば、エクセルでワークシートを追加・移動・コピーする方法は習得でき、エクセルの基本が身につきます。

シートをコピーできないときの対処法もご紹介します。

ワークシートとは何?

最初に基本となるワークシートについて理解しましょう。

ワークシートとは

データの入力や編集を行うための升目状の作業スペースのこと。

格子状に分割されたセルによって構成される。縦並びの列と横並びの行で構成された縦横の広がりがワークシートを構成している。

複数のワークシートを束ねたものをブックと呼ぶ。

初期設定ではワークシートの数は、Excel2013年以降のものは1枚、以前は3枚となっています。これは設定で変更できます。

リボンの<ファイル>タブをクリックして「ホーム」を表示させます、一番下の「オプション」をクリックすると「Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されます。

ホーム画面
オプション

「全般」の「新しいブックの作成時」の「ブックシートの数」から好きな数字を選択します。最後に「OK」を押せば設定できます。最大で255シートまで増やせます。

新しいブックの作成時

ワークシートを追加する方法

ワークシートのことがわかったところで、実際に追加する方法をみていきましょう。

ワークシートを追加する方法

  1. リボンの<ホーム>タブ、「セル」グループの「挿入」から
  2. ショートカットキー:「Shift」+「F11」キーから
  3. シート見出しの上でマウスの右クリックから
  4. ワークシートの挿入ボタンから

リボンの<ホーム>タブ、「セル」グループの「挿入」から

基本の方法です。あまり使いませんが。

まず、リボンの<ホーム>タブ、「セル」グループの「挿入」をクリックします。

ホームタブの挿入

表示されたリストから「シートの挿入」をクリックします。

シートの挿入
シートが挿入できた

これだけです。「Sheet2」が新しく挿入されました。

複数のワークシートを同時に挿入する方法

『リボンの<ホーム>タブ、「セル」グループの「挿入」から』でしたら複数のワークシートを挿入することもできます。

初めにマウスで挿入したいワークシートの数分だけシート見出しを選択します。今回は2つ同時に挿入するので「Sheet2と3」を選択します。同時に複数選択するには「Shift」キーを押しながら選択します

2つのワークシートを挿入

ここからはセルグループの挿入と同じです。リボンの<ホーム>タブ、「セル」グループの「挿入」をクリックします。表示されたリストから「シートの挿入」をクリックします。

2つのワークシートを挿入できた

Sheet5,6が挿入できました。

ショートカットキー:「Shift」+「F11」キーから

ショートカットキーでも可能です。一番簡単な方法です。

「Shift」+「F11」キーを押すだけで、どんどん増やせます。

シート見出しの上でマウスの右クリックから

シートの見出しの上にマウスを合わせて、右クリックすると出るリストの「挿入」からもできます。

シート見出しの上で右クリック

「挿入」ダイアログボックスが表示されますので、「ワークシート」を選択します。

挿入ダイアログボックス

ワークシートの挿入ボタンから

ワークシートの見出しの右横の「+」マークをマウスでクリックするだけです。

挿入ボタン

これだけの操作で新しいシートを追加できます。マウスで操作中には非常に便利です。

ワークシートの追加の注意点

4つの方法を紹介しましたが、1つ注意点があります。

それは新しいワークシートをどこに挿入するのかです。

『「セル」グループの「挿入」から』と『ショートカットキーの方法』と『右クリックから』では現在作業中のシートの左側に新しいシートが挿入されます。

しかし、『ワークシートの挿入ボタンから』では新しいシートは現在作業中のシートの右側へ挿入されます。

ワークシートの数が少ないうちは大丈夫ですが、10シート,20シートと大量になってくると注意が必要です。

ワークシートをコピーする

新たに空白のシートを追加するのではなく、今使用しているワークシートをそのままコピーして追加したい方もいると思います。実際こちらの方が多いのではないのでしょうか。

そんな方法も紹介します。ワークシートの見出しの上で、マウスを右クリックします。表示されたリストから「移動またはコピー」を選択。

ワークシートのコピー

「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスが表示されます。

「移動先ブック名」から任意のブックを選択し、「挿入先」からどこのワークシートの隣へ移動するか選択します。

「コピーを作成する」のチェックボックスにチェックを入れます。最後に「OK」を忘れずに押しましょう。

移動またはコピーダイアログボックス

これで、コピーしたワークシートが挿入されます。見出しを見ていただければ分かる通り、シートの名前が「Sheet1(2)」になっています。

コピーできないときの注意点(名前の重複)

ワークシートをコピーするときの注意点ですが、見出しの名前は重複してはいけません。つまり他のワークシートに使用した名前は使用できません。

「東京」、「名古屋」、「大阪」はOKですが、

「東京」、「名古屋」、「名古屋」はできません。この場合は2つ目の「名古屋」は「名古屋2」などにしましょう。

ワークシートを別のブックに移動・コピーする方法

次に、ワークシートを別のブックで使用したい、またはコピーしたいと思うことはよくあると思います。

この章ではワークシートの移動・コピーの方法を紹介します。方法は4つあります。

ワークシートの移動・コピー

  1. <ホーム>タブ「書式」の「シートの移動またはコピー」から
  2. 見出しの上で右クリックする方法から
  3. アクセスキーを使用する方法から
  4. マウスでドラッグする方法から
    1. 「Ctrl」+ドラッグでコピー

最初に、移動したいブックを開いておきます。つまり、移動先と移動元のブックを開きます。説明用に「ブック1」と「ブック2」を作りました。ブック1のワークシート名「東海地区」を移動・コピーしていきます。

1.<ホーム>タブ「書式」の「シートの移動またはコピー」から

<ホーム>タブの「書式」をクリックして、表示されたリストから「シートの移動またはコピー」を選択します。

書式
シートの移動

「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスが表示されるので、「移動先ブック名」からブックを選択します。

今回はブック2に移動します。(コピーする場合は「コピーを作成」にチェックを入れます。)「OK」を押して完了です。

ブック2へ

左のブック1から右のブック2へ移動できました。

移動できた

2.見出しの上で右クリックする方法

次に、移動したいブックのシートの見出しをマウスで右クリックします。下の画像のように表示されたら、「移動またはコピー」を選択します。

見出しの上で右クリック

ここから先は先ほどの『<ホーム>タブ「書式」の「シートの移動またはコピー」から』と同じですので省略します。

3.アクセスキー「Alt」+「E」+「M」キーから(ショートカットではありません)

「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスを呼び出すアクセスキーからも可能です。

アクセスキー

アクセスキーとは、画面に表示されているメニューやボタンを選択と実行する際に、キーボードで操作するキーのことをいいます。

初めに、「Alt」キーを押してリボンに数字とアルファベットが表示されたら、「E」ボタン、「M」ボタンと順番に押します。

アクセスキー

これで「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスが表示されます。あとは同じですので省略します。

4.マウスでドラックする方法から

一番簡単なのがこの方法です。ブックを2つ開いて、移動したいワークシートの見出しをマウスでドラッグするだけです。

マウスでドラッグ

赤い丸の箇所がドラッグしているところです。

見出しの上で「Ctrl」+ドラッグでコピーができます。

ドラッグするときに「」キーを押すとコピーになります。同じブック内でも可能です。

コピーもできる

エクセルでシートをコピーできない時に読む記事 、 名前の重複やショートカットも解決のまとめ。

以上がエクセルでワークシートを追加する簡単な方法でした。いかがでしたでしょうか?復習しましょう。

ワークシートとは?

ワークシートとは

データの入力や編集を行うための升目状の作業スペースのこと。

格子状に分割されたセルによって構成される。縦並びの列と横並びの行で構成された縦横の広がりがワークシートを構成している。

複数のワークシートを束ねたものをブックと呼ぶ。

ワークシートを追加する方法は4つ

ワークシートを追加する方法

  1. リボンの<ホーム>タブ、「セル」グループの「挿入」から
  2. ショートカットキー:「Shift」+「F11」キーから
  3. シート見出しの上でマウスの右クリックから
  4. ワークシートの挿入ボタンから

移動・コピーの方法も4つです。

ワークシートの移動・コピー

  1. <ホーム>タブ「書式」の「シートの移動またはコピー」から
  2. 見出しの上で右クリックする方法から
  3. アクセスキーを使用する方法から
  4. マウスでドラッグする方法から
    1. 「Ctrl」+ドラッグでコピー

これだけ覚えればもうエクセルのワークシートを増やす方法で悩むことはありません。

その時その時で使い分けましょう。

-エクセル, 使い方

© 2021 World from Excel Powered by AFFINGER5