エクセル 使い方

誰でもできるエクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)で空白を表示・削除する方法。

悩む男

エクセルでプルダウンリストで空白を表示するにはどうしたらいいのだろう?

エクセルでプルダウンリストの空白を削除するにはどうしたらいいのだろう?

この記事で紹介する『プルダウンリストの空白を表示・削除する方法」通りに行えば誰でも簡単に素早くプルダウンリストで空白を表示・削除できます。

この記事では、プルダウンリストの基礎知識と空白を表示・削除手順を紹介して、その後に具体的な例を画像と共に解説します。

記事を読み終えれば、プルダウンリストで空白を表示・削除する方法は習得でき、実際の業務に利用できます。

プルダウンリストとは何?

まずは簡単に「プルダウンリスト」とは何かを説明します。

プルダウンリストとは?

エクセルのワークシートで入力したいセルをクリックした時に、入力内容の候補を表示するリストのこと。

プルダウンリストを作成することで、入力の手間を省いたり誤入力を防ぐことができます。半角・全角・スペース・書式も統一されますし、入力するデータのキーワードを覚えておく必要もなくなります。

このようにデータの表記崩れを防ぐために非常に有効な機能です。

プルダウンリストの設定方法は2つ。

次にプルダウンリストの設定方法を2つ紹介します。

「直接入力する方法」と「範囲を指定する方法」です。

直接入力する方法

直接入力する手順を説明します。まずは手順だけです。後ほど画像も入れて詳しく解説します。

1、プルダウンリストを設定したいセルを選択。

2、「データ」タブから「データの入力規則」の右▼をクリック。

3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。

4、データの入力規則画面の<設定>タブで条件の設定をします。入力値の種類は「リスト」、元の値はカンマ区切りで直接入力します。

5、OKを押して完了です。

直接指定は、「未と済」など、数が少なくて、プルダウンリストの内容が変化しない場合に有効です。

範囲を指定する方法

次に範囲を指定する手順を説明します。こちらも後ほど画像も入れて詳しく解説します。

1、プルダウンリストを設定したいセル範囲を選択。

2、「データ」タブから「データの入力規則」の右▼をクリック。

3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。

4、データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。入力値の種類は「リスト」、元の値にはリストにしたい範囲を指定します。数式を入力する必要はありません。範囲をクリック/ドラッグすると、そこを選択する数式が自動で入力されます。

5、OKを押して完了です。

範囲を指定する方法は、「都道府県名」など、数が多い、または、プルダウンリストの内容が変わる場合に有効です。

空白について

プルダウンリストの空白については、上記2つのリスト作成手順により意味が違ってきます。

直接入力する方法の場合は、「全角スペース」です。

範囲を指定する方法の場合は、「空白の(何も入力されていない)セルです」。

ここを理解していないと、今回の記事の内容は習得できません。

プルダウンリストで空白を表示・削除する手順。

基礎知識を理解できたところで、実際の手順を紹介します。

プルダウンリストで空白を表示する手順。

まずは空白を表示する手順の「直接入力する方法」からです。

直接入力する方法から

先ほどの「プルダウンリストの設定方法は2つ。」の章とほとんど同じです。空白を表示する手順だけが違います。

1、プルダウンリストを設定したいセルを選択。

2、「データ」タブから「データの入力規則」の右▼をクリック。

3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。

4、データの入力規則画面の<設定>タブで条件の設定をします。入力値の種類は「リスト」を選択、元の値には全角スペースをカンマ区切りで直接入力します。

5、OKを押して完了です。

範囲を指定する方法から

こちらも先ほどの「プルダウンリストの設定方法は2つ。」の章とほとんど同じです。空白を表示する手順だけが違います。

1、プルダウンリストを設定したいセル範囲を選択。

2、「データ」タブから「データの入力規則」の右▼をクリック。

3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。

4、データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。入力値の種類は「リスト」、元の値には空白セルを含む範囲を指定します。クリック/ドラッグすると、そこを選択する数式が自動で入力されます。

5、OKを押して完了です。

プルダウンリストで空白を削除する手順。

次は、空白を削除する手順の「直接入力する方法」からです。

直接入力する方法から

直接入力する方法

  1. プルダウンリストを設定したいセルを選択。
  2. 「データ」タブから「データの入力規則」の右▼をクリック。
  3. 表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。
  4. データの入力規則画面の<設定>タブで条件の設定をします。入力値の種類は「リスト」、元の値はカンマ区切りで直接入力します。
  5. OKを押して完了です。

範囲を指定する方法から

もう一つ、「範囲を指定する方法」からです。

範囲を指定する方法

  1. プルダウンリストを設定したいセル範囲を選択。
  2. 「データ」タブから「データの入力規則」の右▼をクリック。
  3. 表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。
  4. データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。入力値の種類は「リスト」、元の値にはリストにしたい範囲を指定します。数式を入力する必要はありません。範囲をクリック/ドラッグすると、そこを選択する数式が自動で入力されます。
  5. OKを押して完了です。

具体例:画像と共に解説。

ここで具体例を画像付きで手順を説明します。

「直接入力する方法」で空白を表示・削除する方法。

今回は下の画像の表で説明します。

空白を表示する都道府県のセルにはすでに「東京都、大阪府、愛知県」が設定されています。このセルに空白を設定します。

空白を削除する都道府県のセルにはすでに「東京都、大阪府、愛知県、空白」が設定されています。このセルの空白を削除します。

直接入力の最初の画面

1、 プルダウンリストが設定されているセルを選択。

都道府県の欄のセルです。

2、「データ」タブから「データの入力規則」の右▼をクリック。

データタブのデータの入力規則を選択
データタブのデータの入力規則を選択

3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。

データの入力規則をクリック
データの入力規則をクリック

4-(表示) データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。元の値で全角スペースを入力。(カンマ区切りで)

4-(削除)データの入力規則画面<設定>タブから条件の設定をします。元の値で全角スペースを削除。

空白を表示と削除

上記画像の赤い四角の枠が空白を表しています。表示する場合は全角スペースを入力して、半角のカンマで区切ります。削除したい場合は全角スペースを消すだけです。

5、OKを押して完了です。

「範囲を指定する方法」で空白を表示・削除する方法。

下記画像で解説します。好きなフルーツの欄にプルダウンリストを設定します。

範囲指定の最初の画面

範囲の指定は右側にあるフルーツのリストを使用します。

空白を表示するセルにはすでに「スイカ、バナナ、みかん」が設定されています。このセルに空白を設定します。

空白を削除するリストにはすでに「スイカ、バナナ、みかん、空白」が設定されています。このリストの空白を削除します。

1-表示 プルダウンリストを設定したいセルを選択。

1-(削除) プルダウンリストが設定されているセルを選択。

好きなフルーツの欄のセルです。

2、「データ」タブから「データの入力規則」の右▼をクリック。

データタブのデータの入力規則を選択
700データタブのデータの入力規則を選択

3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。

データの入力規則をクリック
データの入力規則をクリック

4-(表示) データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。入力値の種類は「リスト」、元の値をクリックでアクティブにしてから空白セルを含む範囲を指定します。クリック/ドラッグすると、そこを選択する数式が自動で入力されます。

データの入力規則で空白を含む

フルーツのリストで空白を含むD2からD5を選択しました。元の値の欄には自動で数式が表示されます。

4-(削除) データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定を変更します。元の値で、範囲を指定し直します。(空白セルを含まない範囲を指定)。クリック/ドラッグすると、そこを選択する数式が自動で入力されます。

データの入力規則で空白を含まない

フルーツのリストで空白を含まないD2からD4を選択しました。

5、OKを押して完了です。

空白が追加された

リストに空白が追加されています。

空白がなくなった

リストから空白がなくなりました。

まとめ

エクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)で空白を表示・削除する方法は2つ。

「直接入力する方法」からと、「範囲を指定する方法」からです。

エクセルで「空白」とは「直接入力する方法」では全角スペース、「範囲を指定する方法」では空白セルです。

どちらの方法でも<データ>タブの「データの入力規則」から設定できます。

上記が今回の記事のまとめになります。

これであなたはプルダウンリストの空白の表示・削除についての方法で悩むことはありません。

実際の業務で活用してください。

-エクセル, 使い方

© 2021 World from Excel Powered by AFFINGER5